みなさんこんにちは!今日も知って役立つ情報を皆さんと共有していきます!今回のキーワードは「発達障害 ペアレントトレーニング」です。

ペアレントトレーニングって聞いたことありますか?
発達障害のお子さんとの接し方を学ぶ親のためのトレーニングプログラムです。

avatar
小野田
参加者からは、お子さんとの関係が変わって笑顔が増えたと評判です。
受付開始と同時に定員になる人気の講座もありますよ!
avatar
都築
でも、どんなことをするのかわからなくてちょっと気後れしてしまいます…。

今回はそんなふうに思っている方の「わからない」を解決します。

この記事を読み終わるころには、一歩踏み出す勇気が湧いていますよ!

【発達障害】ペアレントトレーニングってなに?

発達障害の子どもとの関わり方を学ぶ親のためのプログラムです。

国が勧める親のためのプログラム

ペアレント・トレーニングとは


ペアレント・トレーニングは1960年代から米国で発展してきました。ペアレント・トレーニングでは、子どもの行動変容を目的として、親がほめ方や指示などの具体的な養育スキルを獲得することを目指します。専門家による療育場面でのトレーニングだけでなく、親が日常生活で子どもに適切にかかわることができるようになることで、子どもの行動改善や発達促進が期待できます。

ペアレント・トレーニングガイドブック 厚生労働省

アメリカから始まったペアレントトレーニングは日本でも2016年の発達障害者支援法の改正から家族支援の一環として推進されています。

さらに2021年からは支援活動の基準にしようと検討されています。
つまり、国が勧めるプログラムなのです。

参考 ペアレント・トレーニングガイドブック 厚生労働省

コアエレメント

日本で行われているプログラムの核となるものをコアエレメントといいます。
トレーニングを通して学ぶことは6つの要素で出来ています。

  1. 子どもの良いところを伸ばし褒める
  2. 子どもの行動タイプを3つに分けて分析する
  3. 行動を理解するためのABC分析
  4. 行動が起きるのを未然に防ぐ環境調整
  5. 子どもが達成しやすい指示の出し方
  6. 好ましくない行動への対応

子どもの行動を分析して、よりよい効果のある対応、環境の整え方を身に着けていきます。

avatar
小野田
出来たことに注目して、褒める機会を増やしていくことを目指します。
avatar
都築
怒ることが減ったら嬉しいですね!

子どもを伸ばす言葉かけと、ペアレントトレーニングでも良く使われる「ABA(応用行動分析学)」について書かれたこちらの記事も参考にどうぞ!
↓↓↓

褒める

ここまでにも何度か「褒める」という言葉が出てきました。

「褒める」ことで子どもの「できた」を認め、さらに褒められる良い行動を引き出していくのです。
褒めるポイント、タイミング、褒め方など実際に練習しながら習得します。

慣れてくるといかに今まで褒めてこなかったかということが分かりますよ。

どんな良いことが起こるの?

プログラムに参加したら具体的にどんな良いことがあるのでしょうか。

ストレスが減る

講座を主催している自治体の調査によると、参加した方のストレス軽減は全体の70%にもなります。

これまで瞬間的に感情で対応していたものが、ひと呼吸置いてから行動できるようになることが大きな変化でしょう。

avatar
都築
カッとなって怒ることが減りそうですね!

また、環境の整え方も学ぶので、部屋の散らかりにイライラすることも減らしていけるようです。
子どもも前より怒られることが減って落ち着き、笑顔が増えるでしょう。

参考:「市町村が実施するペアレント・プログラム」に関する調査(平成27年障害者支援状況等調査研究事業 報告書)

子どもの良いところが見えてくる

プログラムでは具体的に良いところを見つけるポイントや方法を学びます。

参加者の声

「今までできていないことばかり注目して、できていることは”あたりまえ”と思ってほめていませんでした。25%ルールで少しでもできたらほめてあげよう、と見方を変えたらほめられるところがたくさんあることに気づけました。」

ペアレント・トレーニング参加者の声 厚生労働省
25%ルールとは

100%出来ていなくても、25%出来ていたら褒めていきましょうという考え方。
おもちゃの片づけが中途半端でも、25%くらい出来ていたらその部分を褒めていきます。

話せる仲間が出来る

ペアレントトレーニングに参加する人はみな、発達障害をもつお子さんの親です。
同じ悩みを持つ仲間との情報交換は孤立しがちな親の心を救ってくれるでしょう。

avatar
都築
先輩ママの経験談は貴重です!

実践力がつく

独学で学んで試してみるのももちろん効果は得られるでしょう。
しかし自分だけで試していると上手くいかないことも出てきます。

トレーナーのもとでプログラムにそって仲間と一緒に進めることで、質問したり相談したりしながら進めていけるのは心強いですね。

このしくみは実践力を身に付ける近道になるでしょう。

プログラムの内容

それでは実際のプログラムがどのようなものか見てみましょう。

基本情報

対象主に3歳~小学3年生くらいの発達障害のあるお子さんを持つ親
年齢別・思春期などを対象にしているところもあります
人数5人~10人程度 マンツーマンや大勢で開催するところもあります
回数6回~10回
時間90分~120分/回
受講料無料~約100,000万円 ※有料の平均は約20,000円
自治体主催では無料、マンツーマンでは高額になる傾向です
主催団体自治体・発達障害児支援団体・病院 など

受講料に大きく差が出ていますが、ほとんどの講座は20,000円前後になっています。
無料で受けられる自治体の講座はやはり人気が高いようです。

プログラム例

1回目オリエンテーション
自己紹介やペアレントトレーニングのしくみを確認します
2回目~・子どもの行動を3つのタイプに分ける
・子どもの行動を理解する(ABC分析)
・褒める機会を増やす
・子どもが達成しやすい指示を出す
・困った行動への対応(行動の無視)  
など
最終回まとめ

プログラム終了後に数か月おいてフォローアップを行うところもあります。

ペアレントトレーニングが受けられるところ

それでは実際にペアレントトレーニングを開催しているサイトをご紹介しましょう。

年間で1~2講座ほどしか開催されていないところがほとんどなので、すぐに定員いっぱいになってしまうことも。
対象年齢が設定されていることも多いので、目的の講座を逃さないために早めの問い合わをお勧めします。

2020年以降に情報が更新されている団体 受講料は税込 (2021年4月現在)

大阪おすすめプログラム

大阪市発達障害児支援センター エルムおおさか 

全6回 無料

発達障害全般の支援をしている大阪市の施設です。
ペアレントトレーニングの対象児は「幼児期」と「学齢期」から選べます。

エルムおおさか参考ホームページ

大阪松原市発達凸凹親の会プティパ

全10回 受講料 20,000円(2021年より改訂・税込表示なし)

参加者が集まってからの日程調整になるようです。
参加希望の場合はメールにてお問い合わせください。

大阪松原市発達凸凹親の会プティパ ペアレントトレーニング申し込み
ペアレントトレーニング 受講料等

わわのわ福祉アカデミア

ペアレントトレーニングがどんなものか知りたい方のために無料相談会です。
回数・受講料などは相談会で要問合せ。

わわのわ福祉アカデミア 無料相談会参考ホームページ

SSTのコーチング(オンライン可)

全10回 入会金18,700円 受講料(10回)87,780円 合計106,480円

完全マンツーマンの講座です。
通塾、オンライン、電話での受講が選択できます。

SSTコーチング 参考ホームページ

門真市ペアレントトレーニング連続講座

全6回 受講料 無料

あらかじめYouTubeで学習してからの参加です。
講座数が少ないので、問い合わせてみると良いです。

門真市ペアレントトレーニング講座 参考ホームページ

リタリコジュニア(オンライン)

基本編 3歳~小3年生
全6回 受講料1~2回…13,200円 3~6回…22,000円 合計35,200円

オンラインで受講できる講座です。応用編、思春期編、個別ペアトレ(1家族のみで行うプログラム)が用意されています。

リタリコジュニア オンライン講座参考ホームページ

 リタリコジュニア ペアレントトレーニング紹介動画 ↓ ↓ ↓

おすすめの本

どうしても受講する勇気がでない、環境的に難しいという方には本で体験してみることをお勧めします。

自分一人で実践するのは難しいかもしれません。
しかし、考え方が変わるだけでも見え方が変わってくるでしょう。

マンガでわかる魔法のほめ方PT:叱らずに子どもを変える最強メソッド


著 横山浩之 明野みる  小学館

税込1,650円 送料無料 (参考:Amazon2021年4月現在)

マンガなので気楽に読めて、具体例も豊富!
参考に参考になる本です。
マンガは4コマではなく長めのストーリー。
子どもの褒め方が分かりやすく試しやすいと言う口コミが見られます。

参考口コミ Amazonカスタマーレビュー

【発達とグレーゾーン】子どもの未来を変えるお母さんの教室


著 吉野加容子 青春出版社

税込1,452円 送料無料 (参考:Amazon2021年4月現在)

グレーゾーンの子どもも対象にした、すぐに取り組める対処方法が取り組みやすいと評判の本です。
親が子どもを理解し褒める関わり方を学ぶことができます。

発達障害のある子と家族の支援―問題解決のために支援者と家族が知っておきたいこと


著 中田洋二郎 学研プラス

税込1,760円 送料無料 (参考:Amazon2021年4月現在)

発達障害の子どもを育てる親の苦悩に寄り添った優しい本です。
子どもの困った行動に対応する方法や、子どもの行動を捉えて変える具体的な方法が紹介されています。

まとめ

ペアレントトレーニングがどんなものか見えてきましたか?

子どものためと思って必死に叱ってきたけど、何も変わらなくて苦しんでいた方へ。

関わり方を変えるだけで、現状を良い方へ変えていけるんだと実感できたらどんなに明るい気持ちになれるでしょう。

ペアレントトレーニングに参加して得られるもの

  • 子どもを褒める目
  • 子どもと上手く関わる実践力
  • 同じ悩みを持つ仲間

接し方が変われば相手も変わる。
これは発達障害のお子さんだけでなく、誰が相手でも同じです。

悪循環に陥っていた関係が改善して、お互いの笑顔が増えたらそれが一番ではないでしょうか。

子育てに行き詰っていた方が迷路から抜け出す手助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。