皆さんこんにちは!本日も知って役立つ情報をみなさんと共有していきます!今回のキーワードは「大変な子育ての中で心に響く言葉」についてです。

子育ては嬉しいことや楽しいことばかりではありません。

時には壁にぶつかったり、けんかをしたり、思い通りにいかずにあたってしまったりと苦難と困難の連続でもありますね…

そんな子育てに対する悩みを抱えているママ・パパ達へ「心に響くことば」を集めてみました。

子育て名言集7選!

avatar
都築
「名言」と呼ばれる言葉には、人の心を動かしたり行動させる力があります。

偉人や昔からの言葉もあれば、アニメのセリフでも子育てに関する名言があるのです。

今回は数ある名言の中から7つ選んでみました。

1.どんな子にも才能があると信じています。そして、それを最大限引き出してあげるのが親の役目だと思います。

この言葉は盲目のピアニスト辻井伸行さんの母・辻井いつ子さんが言ったものです。

avatar
小野田
辻井伸行さんのピアノの才能を見出し、世界的なピアニストまで育てた母の愛が詰まった言葉ですね。

決して他の子と比較せず、その子の本文(長所)を伸ばすことで可能性が広がると感じました。

私はどんな子にも才能があると信じています。そして、それを最大限引き出してあげるのが親の役目だと思います。

辻井いつ子の子育て広場 http://kosodate-hiroba.net/

発達障害を持つ子供との関わり方はその子の気持ちに寄り添い、理解してあげることが大切です。

詳しく書かれた記事が下記になりますので、参考にして下さい。

2.「ただ微笑むだけで、どれだけ幸せになれることか。」

avatar
都築
かの有名なマザーテレサが言った言葉です。

子供は微笑むだけで癒されます。

どんなに辛いことや悲しいことがあっても、愛する子供の微笑む顔を見れば幸せな気持ちになる…

まさに子育てにぴったりの名言だと思います。

3.「三つ子の魂百まで」

三つ子(三人の子供)ではありません。

この言葉の三つ子とは「3歳の子供」を指しています。

意味は「幼い子供の頃の性格は歳を取っても変わらない」ということです。

avatar
小野田
「三つ子の魂百まで」の語源ははっきりしておらず、紫式部の書いた「源氏物語」の一節が由来と言われています。

下記の動画では、3歳までの成長の特徴と子育てアドバイスが説明されています。

4.「名付けは親から子への初めてのプレゼント」

5人の子供を子育てしている、つるの剛史さんが言うとかっこいいですね。

本当に子供を愛しており、1人1人の名前に込めた親の思いもあるでしょう!

avatar
橋口
名前は親から子供への初めてのプレゼントだと思うと、真剣に考えますよね。

名前だけではなく、どのように書くかというのも悩みます。

子供に「どうしてこの名前をつけたのか?」と聞かれた時に自信をもって答えてあげたいです!

#名付けは親から子への初めてのプレゼント

つるの剛士オフィシャルブログ https://lineblog.me/tsurunotakeshi/archives/7161544.html

5.「私を母にしてくれてありがとう…ミナトを父にしてくれてありがとう…私たちのもとへ生まれてきてくれて本当にありがとう…」

人気アニメ「NARUTO -ナルト-」に出てくるセリフです。

忍者の主人公ナルトは幼いころに両親を亡くし、1人で育ちます。

親の愛情に触れることなく育ちますが、周りの仲間との絆や様々な経験を積んで成長していきます。

セリフはストーリーの後半で母クシナと再会することになり、愛する息子ナルトに向けて送られた言葉です。

avatar
小野田
涙腺崩壊です。

6.「親の背中を見て子は育つ」

昔からある子育てに関する名言ですね。

子供は日常生活の中で、無意識のうちに親の「行動や言動」を見て育っていきます。

子供に「勉強しなさい」と言っても、親がゴロゴロしながらゲームしていれば説得力はありません。

本や新聞を読んでいる背中(姿)を見せる等して、子供への見本となってあげて下さいね。

7.「子どもの悲しみを呑み込み、子どもの寂しさを呑み込む海になれ

重松清の「とんび」という作品をご存知でしょうか?

父(ヤス)と子(アキラ)の父子と、2人を支える周りの友人たちとの物語です。

突然の事故で妻をなくしてしまったヤスは、アキラの子育てについて悩みます。

そんなヤスに向けて、和尚の海雲が言った言葉になります。

すべてを包み込む親の愛情や深さ。それを海に例えて表現したすばらしい言葉だと思います。

人に言われて響いた言葉3選!

親・友人・他人と様々な人と私たちは日々接しています。

子育ての先輩や人生の先輩、苦楽を共にした人たちから言われた言葉の中にも響くものはあります。

Twitterで投稿されているものや、筆者が言われて心に響いた言葉を紹介します。

1.「みんなで育てたらええやん」

この言葉は筆者が親友から言われたものです。

次男が生まれた時に先天性の障害があることが分かり、この先の人生どうしたらいいのかで悩んでいました。

何気なく親友と飲みに行き、その席で子供の障害のことを話しました。

その帰り道に親友がボソッと言ったのが、「みんなで育てたらええやん」でした。

悩んでいた私はこの一言で「どうにかなるか」と前向きな気持ちになました。

言葉のとおり、親友家族は今でも親身になって我が家と接してくれています。

2.「子育ての大変さ以上に、楽しいことがあるよ」

初めての子供が生まれたママは、子育てをどうすればいいのかで悩んでいますよね…

色々な不安や葛藤、「自分に育てられるのか?」といったプレッシャーで潰れそうになることもしばしあります。

何気ない一言ですが、先輩ママに言われた言葉で救われることもあるのです。

3.「いつもありがとう」

「いつもありがとう」。

短いですがパパや子供達に言われると、毎日の子育てに奮闘しているママ達にとってはうれしい言葉ですね。

avatar
都築
照れ臭くてなかなか言い出せないパパもいるでしょうけれど、勇気を持って言ってあげて下さい!

何気ない一言かもしれませんが、気持ちが落ち着いたり、疲れが取れることがあります。

きっとママは喜んでくれますよ♪

まとめ

子育ては子供の成長を見守り、育っていく過程が楽しみではありますが、親の成長にも繋がる期間です。

日々、忙しい子育ての中で悩んだり、余裕がなくなった時に今回紹介した「言葉」を思い出して下さい。

あなたの気持ちが少しでもやわらぐことを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。