皆さんこんにちは!本日も知って役立つ情報をみなさんと共有していきます!今回のキーワードは「発達障害すぐ泣く」についてです。

発達障害をお持ちのお子さんの中には、普通の子よりすぐに泣いてしまう子、感情の制御がなかなかできずに周りも驚くくらい大泣きする子がいます。泣いてばかりでは何が不満なのかわからない……どう対処すればいいのでしょうか?

この記事では、すぐ泣くことの対処法ややってはいけないことを解説し、すぐ泣く」子の表現手段を増やすお手伝いができればと思っています。もちろん大人でもそういった方もいますが、ここでは発達障害の子どもを対象とします。

「発達障害すぐ泣く」以外の選択肢を教えてあげよう

発達障害を持っていて「発達障害すぐ泣く」子は、泣く以外の選択肢を持っていないため、「泣く」しか感情の表現方法がないことが考えられます。また「泣く」以外の表現手段をすでに教えていたとしても、すぐに理解することや使用することが難しいため、「泣く」という簡単な手段を使ってしまうのです。

「泣く」しかない選択肢がないという状況から、「言葉で伝える」「動作で伝える」など感情表現の選択肢を増やしてあげれば良いのです。

本人も保護者も周りも傷つかない方法を確認していきましょう。

「泣く」が最良の手段だと思っているかもしれません

そもそも、泣くことが最良の手段であると思っているかもしれません。

avatar
小野田
正直、泣いているばかりいては何も分かりませんよね。

人間は赤ちゃんの時、「泣く」ことを使って、「お腹すいた」「オムツが気持ち悪くなった」などの意思表示をします。幼い子どもにとっては泣くことで「自分の望み通りになる」ということを感覚として記憶しています。

つまり遊びが続けられる、いやだと思うことをやらなくて済む、親からなだめてもらえて甘えられる、周りの注目や関心を集められる……泣くという手段は望みを叶えることのできる簡単で手っ取り早い手段なのです。

しかし成長するにつれて赤ちゃんの時と状況は異なってきます。成長して要望が多様になればなるほど、泣くだけではなにを求めているのか、周りには伝わりません。欲求を伝えることが大事になってくるのです

言葉やジェスチャーの手段を教えよう

言葉では……

泣く以外に言語化したりジェスチャーを使うなど選択肢が増えれば、泣くよりもわかりやすい表現方法となります。

やりたいことがあるのにやめるように促されたり、不快に感じたことがあったりしたならば「だめ」「いや」という言葉があることを教えてあげましょう。ネガティブな欲求を伝える言葉です。

そして泣く手段を取る前にどうしたかったのか、なにを望んでいたのか、自分が思っていることの説明ができるように言い方を教えてあげましょう。

例えば、遊びを自分のタイミングでやめることなく、おもちゃを片付けるよう言われたときには「まだ遊びたい」「やめたくない」とちゃんと言い、「~をしたい」という自分の要望を伝える言葉があることを教える。

ジェスチャーでは……

ポイント

ジェスチャーは言葉よりも簡単に教えられます

ジェスチャーなら、否定する時は首を横に振る、肯定する時は首を縦に振る、わからないなら首を傾げる……など多くの方法があります。

普通の子どもにも当てはまることが多いですが、特に発達がゆっくりな子にはもっと根気強く時間をかけて教えることが必要です。ネガティブな欲求を伝えられるようになれば、コミュニケーションを円滑に取れるようになるでしょう。

“やってはいけないこと”に繋がる前に

焦らなくていいんです

泣いてばかりだと、保護者の方も気が滅入ってしまいますよね。

無理に泣き止ませる必要も、焦る必要もありません。その子が落ち着きを取り戻したら、ゆっくりと教えてあげればそれで良いのです。普通の子よりは時間がかかるかもしれませんが。

気持ちが焦ってしまえば保護者も本人も疲れてしまいます。その疲れ切った顔やイライラした気持ちは、子ども本人にもわかってしまい、より癇癪が激しくなる・一層泣き止まないといった事例もあるようです。

周りも辛いけど大切な存在だと思っているが故に我慢ができなくなり、暴力を振るったり虐待をしたりしてしまう……。愛しているが故に憎しみが大きくなってしまうことも事例としてあるようです。

幸せになるために

当たり前ですが、身体的精神的問わず暴力も虐待も犯罪です。加害者も被害者も大きな傷を残すことになってしまいます。

もし周りの理解が得られない環境に置かれているならば、思い切って変えるのも一つの選択肢かもしれません。

「すぐに泣く」の対処法と同じように、選択肢をいくつも用意しておく越したことはありません。

下のYoutubeでは、発達障害(自閉症)を持つ8歳の「だいちゃん」が、望みを叶えられずに泣いてしまいますが、それを丁寧に宥め教える家族の様子が紹介されています。気を逸らしたり、その場から移動したり、ジェスチャーを使ったりと、様々な工夫がなされています。

発達障害を持つこの家族のYouTube動画です

まとめ

 いかがだったでしょうか?

 この記事では発達障害ですぐに泣いてしまう子どもの、泣いた時の対処法についてまとめました。

・泣き止んだところで、どうしたかったのかを聞く

・言葉やジェスチャーを使って泣く以外の表現手段を身につける

・すぐに理解してもらえなくても暴力を使ってはだめ

 最初に少し書いたように、「泣く」しかない選択肢から、「言葉で伝える」「動作で伝える」など感情表現の選択肢を増やしてあげれば良いのです。

 普通の子よりは認識がゆっくりかもしれません。しかしその子自身も心の中でどうすればいいのか困っているし、周りと違うことに悩んでいます。ゆっくり教えてもらえると、発達障害をお持ちの子も保護者さんも心が軽くなりますね。

 この記事が困っている方の参考になれば幸いです。