皆さんこんにちは!本日も知って役立つ情報をみなさんと共有していきます!今回のキーワードは「発達障害 5歳」についてです。

5歳頃の幼児期の子供は、誰でもある程度は落ち着きがなく、また気分によって「できたり・できなかったり」が多いもの。

だから、幼児期に発達障害に気づいてあげるのはとても難しくなります。

また、子供を思うあまり、「認めたくない」という親心がはたらいてしまうこともあるでしょう。

しかし、発達障害は早期に発見してあげることが非常に重要なんです。

私自身、他の機関に勤務していた頃、「もっと早く支援をしてあげていれば」と感じたことは少なくありません。

発達障害のチェックポイントをもとに、早めに子供の様子に気づいてあげましょう。

うちの子、もしかして発達障害?チェックポイント3つ

「なんだか、ちょっと他の子と違うな」「うちの子は発達障害があるかもしれない」

こんな風に感じた時に、チェックすべきポイントは、大きく分けて3つです。

  • 人との関わり・社会性
  • 学習面
  • 動作・活動

発達障害とは、生まれつき脳の一部の機能に障害があり、様々な症状が現れるもののことです。

通常とは脳の発達が異なるため、育てにくさや、発達の様子に違和感を覚えることもあるかもしれません。

発達障害はいくつかの種類に大別できますが、上の3つのポイントに特徴が現れることが多いです。

発達障害の中でも代表的な、ADHD、SLD、ASDにおける、それぞれの特徴を見てみましょう。

発達障害それぞれの特徴

子供の特性によって、多くの場合は、ADHD、SLD、ASDと診断されます。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴

ADHDと診断されるお子さんの特徴は、「人との関わり・社会性」と 「動作・活動」に現れることが多いです

<人との関わり、社会性の特徴>

  • 約束事を忘れる
  • 順番を守れない
  • 癇癪をおこしやすい
  • 友達に暴力を振るってしまうことが多い

<動作、活動>

  • 飽きっぽい
  • 集中できず、簡単なミスが多い
  • 外からの刺激(音や光、知らない人が廊下を通ったなど)に、反射的に反応する
  • 気になるものを見つけると、衝動的に向かって行ってしまう
  • 興奮しやすい

SLD(学習障害)の特徴

SLDのお子さんの特徴は、「学習面」に顕著に現れます。

  • 聞き間違える、聞き漏らす
  • 言葉だけで指示されたことが伝わりづらい
  • 集団への連絡事項を、自分へのものと捉えられない
  • 順序だてて話すことが苦手
  • 本を読みたがらない、文字に興味を示さない

幼児期は学習場面が少ないため、SLDであることは発見されづらく、診断は、学齢期に入ってからされることが多くなります。

ASD(自閉症スペクトラム症、アスペルガー症候群)の特徴

ASDのお子さんは「人との関わり・社会性」と「動作・活動」に特徴が現れやすいです。

<人との関わり・社会性>

  • 何でも一人でやりたがる
  • 相手の反応を気にせず、一方的に話す
  • 相手の気持ちがわからない

<動作・活動>

  • 興味・関心のあることには執着するようにのめりこむ
  • 変化に敏感で、予定変更などにパニックになることがある

このように、発達障害は3つのポイントをもとに、特性が分かれます。

しかし、子供の特性が一つの障害の特徴に集中することばかりでなく、「うちの子はSLDとASDの特徴両方ある」などということもよくあります。

その子供がどの発達障害に当てはまるかは、明確な線引きができないことも多いのです。

生まれつきいくつかの障害を併せ持つ場合もあれば、生まれつきあった障害によって、二次的に生じた障害であることもあります。

うちの子が心配!すぐに病院で診てもらうべき?

「自分の子は発達障害があるのでは…」と不安に感じている親御さんは、まずは大きな病院ではなく、下記のような身近な専門家に相談してみると良いでしょう。

  • 保育園、幼稚園の先生
  • 保健センターの相談窓口
  • かかりつけ医

育児書やネットに書かれている子供の発達の目安は、あくまでも目安にすぎません。

親御さんの不安は、専門家から見れば、個人差の範囲内だと言えるものかもしれません。

専門家から見ても受診の必要があるということであれば、通いやすい病院を紹介してくれるでしょう。

まずは身近な専門家に相談してみてください。

医療機関の受診って、何をするの?

医療機関の受診を勧められたら、不安になりますよね。

受診すると、以下のような診察を行います

<問診>

普段の生活の様子、本人や親御さんが困っていることなどを聞き取る。

<面接・行動観察>

面接に応じられる子供には、面接を行う。

また、看護師や心理士と遊ぶ様子を観察。

<検査>

心理検査、発達検査、知能検査など。

必要に応じて、血液検査や脳波の測定。

診察は多くの場合、一度では終わりません。

たった一度の診察では、子供の全体像をきちんと捉えられないからです。

診断までには数か月かかることもあります。

受診が怖い。診断名がついたら、うちの子どうなっちゃうの?

「障害のレッテルを貼られる。これからどうしたらいいの?」「診断名がついたら、この子の将来、どうなっちゃうの?」

受診を勧められたら、こんな風に不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、診断名をつけて、医療機関の役割は終了ではありません。

そこからが、生涯にわたるサポートの始まりです。

診断名が付いたら…

診断名をつけるのは、レッテル貼りのためではなく、その子に合った支援をするためです。

障害はなくなる、治療できるというものではありません。

一方で、適切な支援があれば、生活する上での困難は克服していけるものです。

医療機関や、その後関わっていく教育機関と相談して、適切な支援をしていけば、子供の「生きづらさ」を少しでも解決していけるでしょう。

しかし、子供に診断名がつくことや、認めたくないという思いで、親御さんが受診を遅らせてしまうことも少なくありません。

診断が遅れると、適切な支援を受けることができず、二次的な障害(人間関係の悪化、学力不振、頭痛、チックなど)を生じさせる可能性もあります。

当施設職員Aさんも、他施設に勤務当時、「この子に、もっと早く支援の手が差し伸べられていれば」「この子に別の支援をしてあげたいけれど、親御さんの理解が得られないから難しい」と思うことが時々あったそうです。

まずは、親御さんが勇気をもって、身近な専門家に相談してください。

そして、必要があれば、医療機関を受診してください。

医療機関の受診が、子供を暗い将来へ導くのではありません。

受診は、子供にとって、より明るい未来への第一歩なのです。

お子さんの様子に、チェックポイントに当てはまることが多いのであれば、遅くとも5歳までには受診することを勧めます。

まとめ

  • 発達障害のチェックポイントは3つ
  • 医療機関にかかる前に、身近な専門家に相談しよう
  • 医療機関では様々な診察があり、長期にわたることが多い
  • できる限り早く発達障害の兆候に気づき、受診しよう

小さな子供の発達障害を発見してあげるのは、難しいものです。

どの子でも、少なからず、落ち着きのない一面や、発達の個人差があると思います。

しかし、社会性や行動などに、何らかのサインが現れていることも。

子供の様子をよく見取って、より良い未来のために、必要であれば、適切な支援を早く受けられるようにしてあげてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。