皆さんこんにちは!本日も知って役立つ情報をみなさんと共有していきます!今回のキーワードは「子育て孤独」についてです。

子育てをしていると、孤独を感じますよね。でも、大丈夫。孤独だと感じているのは、あなただけではありません。

ママが孤独や不安を感じていると、お子様にも悪影響が出てしまいます。孤独な育児は、ママにもお子様にも良いことはありません。そうならないためにこの記事では、子育ての孤独を解消するヒントを解説します。

子育てママが孤独から抜け出す方法

ここでは、子育てママが孤独から抜け出すための方法を紹介します。

家族に理解を求める

ご主人に「辛い」と伝えられていますか?SOSを出していても、実は伝わっていないということがあります。またご主人が忙しそうという理由で、辛い現状を伝えられていない人もいるのではないでしょうか?

子育ての辛さは、一人で抱え込まなくていいんです。ご主人に、今の気持ちを伝えてみましょう。「そんなに大変だったの!?気づかなかったよ。」と、分かってくれる場合もありますよ。

家庭の外の人と繋がる

今は、地域の子育て支援が充実しています。孤独を感じてしまったら、子育て支援センターや相談窓口に行ってみてください。

支援センターでは、子育て中のママやパパと出会えることがあります。また、職員の方は子育ての先輩が多く、何でも相談に乗ってくれますよ。

サークル活動に参加する

積極的にお友達を作るなら、子育てサークルなどコミュニティに参加してはいかがでしょうか?発達がゆっくりのお子様をお持ちのママたちが集まる、サークルもありますよ。

SNSを利用する

孤独を感じた時には、SNSの利用もおすすめ。SNS上にはたくさんのママやパパがいて、親身に話を聞いてくれたり相談に乗ってくれる方がいますよ

InstagramやTwitterはもちろん、ママリなどママ専用SNSもあります。育児や家事の休憩中に、覗いてみてはいかがでしょうか?

趣味の時間を作る

子育て中の孤独を紛らわすために、趣味の時間を増やすこともおすすめ。しかし子育てと家事の両立がやっとで、趣味の時間をとるのは難しいですよね。

そう行った時は、時短できる家電を利用してみましょう。趣味の時間を取ることも、可能ですよ。時短できる家電については、以下の記事を参考にしてみてください。

孤独を感じる理由

では、なぜ子育てママは孤独を感じるのでしょうか?ここからは、子育てママが孤独を感じてしまう原因を説明します。

子どもと二人きりの時間が長い

夫以外の大人と会話していないな、という日はありませんか?

avatar
都築
日常茶飯事です…。

夫は、朝早くから夜遅くまで家にいない。両親や友達には、気軽に会えない。さらに子育てと家事に追われて、外出は近所のスーパーと近くの公園だけ。これでは、子どもと2人きりの世界と言っても過言ではありません。

二人きりの世界が毎日続いてしまうと、孤独を感じてしまうのです

気軽に相談できる人がいない

「こんなこと相談してもいいのかな?」「こんな時間に連絡したら、迷惑だよね?」と、お友達に遠慮してしまうことはありませんか?

気軽に相談できる相手がいないため、悩んでいるのに悩みが解決しない。不安な気持ちを持ち続けている時、孤独を感じてしまうのです。

他人と比較してしまう

あのインスタグラマーのママはいつもオシャレで素敵だな、と他のママと自分を比べることがあります。

あのママは家事も育児もオシャレも出来ているのに、何で自分は出来ないのだろう?と比較してしまうこともありますよね。人と比較してしまう時が、孤独を感じる瞬間の一つではないでしょうか?

理解されにくい発達障害を持つお子様の子育て

発達障害を持つお子様の育児は、より孤独を感じると言います。ここからは発達障害を持つお子様の育児について、紹介します。

理解されないから孤独を感じる

発達障害をお持ちのお子様については、たくさんの悩みがありますよね。でもその悩みを、相談できる方はいますか?

avatar
都築
子どもの発達については、友達だけじゃなく親にも相談しにくいです。

理解者がいないということが、孤独を感じる原因の一つです

理解してくれる相談相手を作ろう

発達障害を持つお子様の育児を一番理解してくれるのは、同じ立場のママではないでしょうか?発達障害を持つお子様の育児を孤独にしないためには、ママ友が大切かもしれません。

SNSでも、素敵なつながりを見つけられますよ。

まとめ

孤独を解消するための方法は、以下の通りです。

  • 家族に理解してもらう
  • 家庭の外の人と繋がる
  • サークル活動に参加する
  • SNSを利用する
  • 趣味の時間を作る

少しでも、ママの孤独が和らぎますように。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。