皆さんこんにちは!本日も知って役立つ情報をみなさんと共有していきます!今回のキーワードは「子育て リュック」についてです。

お子さんとお出掛けする時の強い味方、子育てバッグ。マザーズバッグとも呼ばれいますね。子育てバッグとしては使いづらいイメージのあるリュックですが、実は大活躍します。

avatar
橋口
本当に使えるの!?
折角買ったのに、使いづらかった…なんて損はしたくない!!
avatar
都築
子供とのお出掛けを、お気に入りのバッグで快適に楽しみたいです。

それでは、お子さんがちょっと大きくなってから重宝する、リュックについてご紹介します。

リュックも子育て中に使いやすいの?

結論から言うと、かなり使えます。そもそも子育てバッグとは、どんなものでも使えますし、決まりもありません。育児中のママ・パパが子育て用に使っていれば、それは「子育てバッグ」です

何でも良いと言われても、やはり使いやすくて快適なものを選びたいですよね。小さい子供を連れたお出掛けは、想像以上に大変なのです。

子育てバッグと言えばトートバッグを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?実際「マザーズバッグ」として企画・開発されたものはトート型が多くあります。

ですがリュックも使いやすく、メリットもたくさんあります。順を追って説明していきます。

どんな種類があるの?

子育て中に使いやすいバッグは、大きく分けると3つの型に分けられます。

  • トート型:持ち手が2つあり、開口部が大きく開くタイプ。片側の肩に掛けて使う。
  • リュック型:肩ベルトが2本あり、背負って使う。
  • ショルダー型:長めのショルダーベルトがあり、斜め掛けができる。
他にも

2wayや3wayバッグと言う言葉を聞いたことがありますか?トートバッグに斜め掛けベルトがついているものや、斜め掛けも背負いもできるなど、用途や状況によって、持ち方を変えられるものを指します。

良い点と悪い点

×
トート・荷物の出し入れがしやすい
・中身を見渡しやすい
・ママの声を反映させた商品が多い
・持ち手がずり落ちやすい
・片方の肩に負荷が掛かる
・開口部に留め具がないと中身が見える
リュック・両手が空き、自由
・体にフィットして動きやすい
・両肩に均等に負荷が掛かる
・重さを感じにくい
・荷物の出し入れが面倒
・肩ベルトがずれやすいことがある
・背負っている時に防犯上心配がある
ショルダー・荷物の出し入れがしやすい
・両手が空き、自由
・片方の肩に負荷がかかる
・抱っこ紐使用中は斜め掛けが邪魔になる
・走りづらい
バッグの種類とメリット・デメリット

それぞれメリットやデメリットがあり、お子さんの年齢や特性などによっても、使いやすい型が変わります。

なぜリュックがおすすめなのか

お子さんが成長して1人歩きができるようになった頃、リュックがとても重宝します。リュックは肩への負担が少なく、両手が空くことで、お子さんとしっかり手をつなげたり、遊んだりできます。予測不能な行動をするお子さんにも即座に対応できます。

発達障害があるお子さんを育てている場合も、同じくリュックが便利です。いつ癇癪を起すか、気になるものを追って走り出すか分かりません。リュックを使うと対応がしやすくなります。

ママやパパが発達障害の場合

発達障害がある人は、注意力散漫により落とし物が多いそうです。リュックですと、開口部がジッパーのものが多く、中身をしっかりガードしてくれるので一見良さそうに見えます。
しかし、縦長で荷物の整理がやや難しいところや、財布などを背負ったまま取り出したい時に後ろ手になるため、あまり向かないようです。
それでも「リュックが使いたい!!」と言う場合はすぐに使うもの、貴重品などは別の小さなショルダーバッグに入れておくなど、工夫すると良いでしょう。

リュックの選び方

どんなものにも言えることですが、使いにくいものは結局使わなくなります。「自分に合うバッグと出会わず色々と買ってしまい、気付いたらクローゼットにいくつも眠っている」と言うのはよく聞く話です。

眠ったバッグを増やさないためにも、リュック選びのポイントをしっかり押さえて、お気に入りの1つを見つけましょう

avatar
小野田
他のバッグでも、見るべきポイントは同じです。
どの型にしようか迷っている人にも、参考になりますよ。

容量が合っているか

持ち歩きたい荷物が全て入らないと意味がありません。健診に行くのか、公園へお出掛けなのか、近所なのか遠方なのかによって荷物の内容は変わります。よく乳児期の育児グッズは30~40点あると言われています。

歩き始める1歳頃になれば卒乳する子も出てきますし、荷物は徐々に減っていきます。しかしママの荷物と合わせるとまだまだ持ち歩きたい荷物は多いでしょう。

赤ちゃんとママの荷物が十分入る大きさは20Lと言われているので、容量で迷っている時は目安にしましょう。

バッグの重さ

子育てバッグは日々たくさんの荷物を入れて使用するため、自分の体を守るためにも軽さが重要です。軽さを重視するのであれば、ナイロンやポリエステル素材をおすすめします。

肩ベルトや背面の体に当たる部分のクッション性があった方が痛みを感じにくくなります。アウトドア用を想像すると分かりやすいでしょう。

あまりにも軽いと、強度の面で心配もありますが、体への負担を考えると断然軽い方が良いでしょう。ママとお子さんだけでお出掛けですと、全て1人でお世話をしなければならないため、余力は残しておきたいところです。

リュックなので700~800gくらいでも重さを感じにくく、ネットショップでも軽量と表記されています。500g以下だと超軽量と謳っています

生地の加工

素材によっては撥水や防汚加工が施されているものがあります。バッグは地面に直置きすることもありますし、突然の雨に降られることもあります。内側にも撥水加工があると、マグの飲み物や食べ物がこぼれた時などもお手入れが楽です。

使用済オムツや濡れたハンカチなどを入れることもありますので、抗菌や防臭もあると嬉しいですね。

ポケットや仕切りなどの機能性

子育てバッグの内側にも外側にもポケットがあった方が断然便利です。

スマホや鍵、ハンカチやティッシュ、子供のおやつ…と上げたらきりがありませんが、細々とした荷物がたくさんあります。ポーチなどで分けるのも手ですが、ポケットがあればそのまま活用できます。

リュックの場合、縦長の形が一般的ですので、底の方に仕舞われた荷物は取り出しにくくなってしまいます。上部の開口部を開けなくても、背面から取り出せる仕様になっていると取り出しやすくなります。

また、リュックは背負ってしまうと目が届かないため、防犯上の心配があります。背面に貴重品用のポケットがあると安心です。

avatar
橋口
サイドポケットに、子供用のマグを立てて入れているのをよく見掛けますよ。

ファッション性や男女兼用などの見た目

いくら機能性がバッチリでも、見た目がちょっと…」と言うママもいますよね。大変な育児だからこそ、自分の気に入ったバッグで気分も上げたいところです。今はそんなママのために「高見え」するお手頃価格のバッグもたくさんあります。

好きなブランドがある場合は、そのバッグを子育中に使っているママもいます。かっちりして重たいバッグもありますが、ベビーカーに下げたり、他の軽量バッグと併用したりと、使い方を工夫すれば問題なく使えるでしょう。勿論、ブランドバッグでも軽いものはあります。

子育てバッグをパパと兼用したいママもいるでしょう。そんな時はシンプルで落ち着いた色のもの、アウトドア用のものなどがおすすめです。見た目的にもリュックならパパにも馴染やすいのではないでしょうか。

目的別おすすめのリュック

avatar
小野田
お待たせしました。それでは実際の商品を紹介していきます。
補足

価格や商品情報は2022年11月時点のものです。価格はショップによって幅があるため、幅を持たせて記載しています。尚、商品に関する情報や口コミは楽天市場から引用・参考にしています。

まだまだ荷物がいっぱい、断然大容量がいい!!

育児バッグ用に開発されたもので、かつ大容量のものを紹介します。ママ達の声からつくられたので、背面ポケットやサイドポケットなど豊富なポケット、撥水加工、肩ベルトのパッドなどは完備されています。

サイズH38×W30×D17(cm)
重量(g)/容量(L)約700(g) / 20(L)
価格帯¥6,000
おすすめポイント・抱っこ紐をつけたままワンタッチでリュックを下ろせる
・可愛いチャーム、収納袋付き
・高見えするデザイン
口コミ

・他の複数のマザーズリュックとも比較し、こちらが1番理想的だった。
・今までのリュックが475gでしたので、700gは重いかなと心配でしたが、全然気にならなかった。
・背面のポケットはかなり深く、背負ったままお財布の出し入れをするのは大変。
参照:楽天市場

サイズH38×W33×D18(cm)
重量(g)/容量(L)約560(g) / 約22(L)
価格帯¥9,000~10,000
おすすめポイント・キルティング生地が赤ちゃんに優しい
・保温冷ポーチなど便利なおまけがたくさん
・ベビーカーに掛けられる
・同シリーズのサイズやデザイン違いのリュックあり
口コミ

・ポケットが多くこんなリュック探してました!
・旧作のPremiumL・M購入し、今回リニューアルしたLも購入しました。以前より重さ、チャックの開閉のしやすさがは大きく改善されて、とても使いやすくなった。
・背面のクッションが厚いので意外と入らない。
参照:楽天市場

サイズH40×W28×D17(cm)
重量(g)/容量(L)約735(g) / 23(L)
価格帯¥10,000~15,000
おすすめポイント・抱っこ紐をつけたままワンタッチでリュックを下ろせる
・ベビーカー用ベルトあり
・子供2人分の荷物も入る
・同シリーズでサイズやデザイン違いの商品あり
口コミ

・購入の決め手は大きさ、デザイン、撥水加工、抱っこ紐をしたままリュックを降ろせる、背中にチャックがあり財布の出し入れができる、こと。
・未就学児2人連れての帰省に利用しました。自分の荷物と哺乳瓶やオムツ、子供のダウンの上着なども入り、思っていたよりも入る印象。
・使ってちょうど1年経って1番よく使うファスナー引手部分の皮?合成皮の部分が2つとも取れてしまった。
参考:楽天市場

荷物が減ってきたから小さめがいい!!

子供が成長して荷物が減ってきた、ちょっとそこまでの近所のお散歩、こんな時に使いたい小さめリュックを紹介します。

サイズH30×W30×D15(cm)
重量(g)/容量(L)350(g) / ‐(L)
価格帯¥3,500~6,000
おすすめポイント・コンパクトなのに育児バッグに欲しい機能が満載
・洗濯機で洗濯OK
・ころんと可愛い丸いフォルム
口コミ

・マチが広いから、めっちゃ入る。
・予防接種時と外出時のリュックに購入。保冷剤入れが付いていたり、抱っこ紐をしたままリュックが下ろせるところが良い。
・背面ファスナーは前面ファスナーのように、全くの別ポケットになっている方が良かった。
参考:楽天市場

サイズH32×W28×D13.5(cm)
重量(g)/容量(L)357(g) / ‐(L)
価格帯¥3,700~4,500
おすすめポイント・レガートラルゴはママの定番ブランド
・光沢感のある生地で高見え
・カラーバリエーションが豊富
口コミ

・今までOUTDOORのショルダーをメインで使っていた。それとほぼ同等のサイズ感。
・子どもが歩き始めたのでショルダーよりリュックがいいかなーと思いネットで探してみたのですが、程よいサイズ感でシンプルなところが良い。
・サイドポケットが浅いのでペットボトルが入りにくい。
参考:楽天市場

サイズH28×W26×D10(cm)
重量(g)/容量(L)約260(g) / ‐(L)
価格帯¥10,000~13,000
おすすめポイント・折り畳んで小さく収納できる。持ち運べる。
・牛革使用で高級感あり。
・30代、40代ママに人気。
口コミ

・財布、ポーチ、タオル、ウエットティッシュ(大)、水筒、軽めのアウターなどもすっぽり入った。
・子供と公園に行く時にはちょうどいイサイズ。
・形のせいかファスナーの開閉がしづらい。
参考:楽天市場

アウトドア用も使える!!

アウトドア用リュックなら軽量でポケットも多く、育児バッグにもぴったりです。人間工学に基づいた設計で、フィット感も抜群で、体への負担を軽減してくれます。ずり落ちにくい工夫もされていますよ。パパも持てるデザインが嬉しいですね。

口コミ

・背中のフィット感もいい感じ。
・夫婦で使えるサイズ。機能的&他より断軽!
・紐が多く邪魔。
参考:楽天市場

サイズH45×W31×D20(cm)
重量(g)/容量(L)570(g) / 25(L)
価格帯¥5,000~7,000
おすすめポイント・手頃な価格。
・サイドポケットなど、ポケットの数が多い。
・小物の仕分けがしやすい。
サイズH44×W30×D19(cm)
重量(g)/容量(L)740(g) / 23(L)
価格帯¥12,000~14,000
おすすめポイント・男女共に人気のブランド。
・ポケットが多く、仕分けがしやすい。
・シンプルなものからオシャレな柄までデザインが豊富。
口コミ

・収納もとても充実していますが、なんたってデザインが好き。
・肩ベルトと背面クッションがしっかりしているので長時間背負っていても疲れにくい。
・子どものおもちゃ、おかし、タブレット、財布、水筒などおでかけに必要な物をひと通り入れても大丈夫。
参考:楽天市場

憧れのブランド

ブランドリュックは高品質で長く使えるものが多くあります。デザイン性も高く、育児が終わった後も、日常使いしやすいでしょう。育児を頑張るママ(パパも)に、ちょっと奮発してブランドリュックも良いかもしれませんね。

サイズH40×W28×D18(cm)
重量(g)/容量(L)615(g) / ‐(L)
価格帯¥18,000~26,000
おすすめポイント・大容量なのにスタイリッシュな見た目。
・小物が引っかけられるカラビナ付き。
・ポケット多数。
口コミ

・デザインがとってもかわいいし、どんな服でも合わせやすそう。
・マリメッコリュックは、ずっと愛用するくらい飽きのこない
・中にポケットが一つしかないので、ポーチなど使って小分けして入れないと中身がごちゃごちゃになる。
参考:楽天市場

サイズH33×W24×D14.5(cm)
重量(g)/容量(L)540(g) / ‐(L)
価格帯¥22,000~35,000
おすすめポイント・20~30代女性に人気のブランド。
・ポケットの数が多く、収納に便利。
・ナイロン製で軽量だが、高級感もある。
口コミ

・上質なナイロン生地でカジュアルすぎず可愛い。
・大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズ。意外とたくさん入る!
・肩ベルトがすごく固めの素材で作られているため背負うと若干痛い。
参考:楽天市場

サイズH36.5×W40-26.5×D14.5(cm)
重量(g)/容量(L)470(g) / 12(L)
価格帯¥21,000~25,000
おすすめポイント・耐水性がありながら柔らかく手触りの良い生地
・リュックっぽくない形が可愛い。
・トートバッグとしても使える。
・一回り小さいサイズもあり。
口コミ

・ハンドルがしっかり付いていて、肩から下ろしても持ちやすそう。
・シックなのに可憐でリュックの形も相まって可愛く、とても良かった。
・背中側ポケットに長財布を入れるとゴツゴツ当たる。
参考:楽天市場

あると便利な小物

メインリュックの他に、あると便利な小物をご紹介します。

サコッシュなどの小さめショルダーバッグ

貴重品やすぐに使いたいものだけを小さめのショルダーバッグに入れておくと便利です。バッグに入れたままスマホ操作ができるもの、ショルダーバッグがお財布のようになっているものなど、たくさんの種類があります。

近所のお散歩、ちょっとした買い物ならこれだけでも行けるでしょう。重い荷物は置いておき、貴重品だけ持って、身軽に子供と遊ぶことができます。

リュックなどに付けられるスマホポーチ

リュックの肩ベルトだけでなく、ズボンのベルトなどにも装着できます。スマホの他にも小物が入ります。

キーチェーン

子供を抱っこしながら大きなバッグを抱えて…この状況で家の鍵を探して、開けるのは大変な苦労です。ポケットがあったとしても、他の小物と混ざってしまうので、家の鍵はキーチェーンなどに付けておくと見付けやすく、使いやすくなります。クタクタになって帰宅した際のプチストレスが軽減できますよ。

リュック用オーガナイザー

リュック用オーガナイザーとはリュック用のバッグ・イン・バッグです。

育児バッグを卒業した後も使えるようにと、育児バッグ用に作られていないシンプルなリュックを選ぶ人もいるでしょう。そんな時にオーガナイザーを入れると、小物の仕分けに便利です。

発達障害のママ・パパにリュックは向かないと説明をしましたが、それでもリュックを使いたい時に、良いアイテムを見付けたので紹介します。

まとめ

  • どんなバッグでも育児バッグになる。
  • 子供が歩き始めたらリュックがおすすめ。
  • リュック選びのポイントを押さえておく。
  • リュックと合わせて使うと便利な小物がある。

リュックをおすすめする理由や選び方などをご紹介しました。自分に合うリュックは見つかりそうですか?みなさんのリュック選びの手助けになったら幸いです。

お気に入りのリュックと共に、楽しく快適に育児ライフをエンジョイしてくださいね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。